ワゴンRのルームランプを修理!

スポンサーリンク
スティングレー
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

今回はワゴンRスティングレーのLED室内灯が切れたんでバラして修理しました。

壊れたのはT10のソケット部分が割れてたんで変換コードで繋ぎ替えました。

詳しく紹介してるんでご覧下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

MH23SワゴンRのルーム球の状態

この前の事ですがワゴンRのルームランプが急に点かんようになり仕方なく普通のT10のLEDランプ付けてたんですが、今日は切れたLEDランプを修理してみました。

CIMG3733

これが急に点かんようになったLEDルームランプですが、とっても明るく気に入ってました。

CIMG3734

ココが壊れてバラしたら中で端子とカプラーの端子が離れてました。

変換コード

CIMG3735

仕事の途中でABで買ったT10ソケット部品ですが、こんなんあるの知りませんでした。

CIMG3736

中身はこんなカプラーとソケットが入ってます。

CIMG3738

小さな線と端子なんで手前の圧着ペンチでは大きすぎてやり難かったです。

夜にまたまた月を眺めながらワゴンRに取り付けて点灯確認もOKでした。

やっと明るい室内が復活!

やれやれ・・・

まとめ

ワゴンRのLEDルーム球が点かなくなって修理しました。

変換コードを買って付け変えたら無事点灯

ではでは・・・

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。