熱で止るサイバーナビのファン交換【ZH77】【カロッツェリア】

スポンサーリンク
MH34Sメンテナンス
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

今回はワゴンRに購入時から付いてるカロッツェリアのサイバーナビの不具合「高温になって停止問題」でファンを交換してみました。

真夏でも無い今の時期(10月初旬)に高温で止まるのが直れば良いんだが・・・

交換方法等詳しく紹介してるんでご覧下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

高温になって停止するサイバーナビ(カロッツェリア)

我が家のワゴンRスティングレー(2012年12月登録)は令和2年のお盆に納車されました。

カロッツェリアのサイバーナビの機種は2012モデルのZH77ってヤツでDTV(テレビ)を結構な時間掛けながら走らせてると「高温になって停止します」的な文面が画面に現れ見れなくなることがありました。

先日大阪の方に行くことがあり昼間にナビを使いながら走ってると又「高温で・・・」と画面に出て止りました(テレビは見てない)。

冷めると再起動して又使えるようでしたが肝心な時に止るのは頂けません。

ネットで色々調べるとファンが壊れて熱が溜まる~止る的な事が書かれており、調べてみました。

ナビを外して電源をオンにしてみると何とかファンは回ってるようでしたが、何とも弱っちい回り方でした。

一応排熱はしてるんだろうけどファンを交換してみることにします。

ナビからファンを外す

ナビは前回のステアリングリモコンを付けるときに同じく作業を行いました↓

いきなりファンが外れてる画像からスタートですが、トップパネルは黄色矢印の辺りをマイナスドライバー等で開くようにすれば簡単に外せます(ネジ無し)。

あとはリアのパネルはプラスネジで留ってるんで全部外します。

リアパネルの黄色丸の2本のネジだけ長いのが付いてるんで覚えておきましょう。

これでリアパネルが外れますがファンが外れてる画像ですがファンもリアパネルに固定されてて一緒に外れます。

ファンから本体基板にミニカプラーで電源を取ってるんでラジオペンチ等を使いカプラーを上に抜きます。

リアパネルからファンを外しますが、対角線にネジが留ってて外しますがネジロック材が塗ってあり1本のネジが折れました。

仕方ないのでネジが2.6ミリなんで2ミリのドリルでネジを潰して外せました。

緑丸がネジが折れてドリルで外した側になります。

小さなネジでこの大きさのドライバーは小さくて力も入りにくく折る方も居ると思いますので焦らずにドリルで潰しましょう。

尚、ファンのサイズは12Vで50ミリ×50ミリで厚みは10ミリになります。

これでファンも外せました。

対角線にネジで留める方と出っ張りになってる方とあります。

ファンを新調して加工する

今回新調したファンですが、穴位置が微妙に小さく長穴にする加工が必要そうです。

細めに丸の棒ヤスリで削ってみますが時間が掛かりそうです。

ここはやっぱり文明の利器を使うことにしましょう。

リューターの先はダイヤモンドヤスリの丸形で削ります。

削っては合わしを数回して長穴加工が出来ましたが、ものの数分で削れます。

やっぱ道具だね。

ファンの組み付け

ネジを1本折っちゃったんでコメリで代用のネジを買って来ましたが2.6ミリのネジはこれしかありませんでした。

なんとか留めれました!

ファンの配線加工

カプラーも違うんで配線加工します。

右側が最初付いてたファンのカプラーですので切って左のファンの配線に付けます。

元のファンのカプラーを付けるんで新しいファンの配線も切って用意します。

半田ゴテでで付けましょう。

配線を半田で固定して熱伸縮チューブで絶縁処理します。

1人でやってるんで半田作業中の画像は無しです。

これで本体にファンを付けれます。

はーい、カプラーもしっかり基板に挿せましたのでリアパネルとトップパネルを組みます。

画像無しですがナビを車両に付けて電源オンしたらしっかりファンは回ってますが風量は余り変わりませんね。

やっぱサイバーナビは止るんかな??

これから涼しい時期になるんで検証は難しいですが又止れば報告しますね。

これにてサイバーナビのファン交換は無事終了です。

まとめ

今回はワゴンRのサイバーナビが熱で止ることがあるんで対策としてファンを交換してみました。

元々のファンも壊れて止ってる方もあられるようですが、私のはなんとか微風で廻ってました。

買ったファンは長穴加工して取付けます。

カプラーのサイズも違うんで元のファンから配線を切って新しいファンの配線に繋げます。

ナビを車両に繋いでファンが回るか確かめます。

やっぱ微風ですがこれでナビが止るの回避できたら良いんだが・・・

ではでは・・・

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。