電圧が極端に下がったバッテリーの復活方法

スポンサーリンク
DIY
この記事は約5分で読めます。

車のバッテリーの話ですが、経年変化で性能が落ちて電圧が維持できなくなったバッテリーをよく「死んだ」なんて言いますが、そんなバッテリーの復活方法を教えます。

あくまで3年以内くらいの新しめのバッテリーに行って下さい。

5年も使って上がったバッテリーには意味が無いかも知れませんがその辺も合せてご覧下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回のバッテリーの話

今回は上がったバッテリーでも使えるようになるのか検証します。

しかし検証できませんでしたが5年とか使って上がってしまったバッテリーは使えない方法だと思います。

どんなバッテリーでも自然放電しますが、その度合いが酷くなると今は走ってても次回エンジン掛ける際に自然放電が進み電圧の保持が出来ずセルが回りません。

バッテリー充電器には「サルフェーション除去」とか書いてありいかにも古いバッテリーでも復活しそうに書いてありますが現実には無理そうです。

この実験は最近エブリィのバッテリーを交換した際に取り外したバッテリーで検証します。

パナソニックCAOSバッテリーの製造年月日と使った日数

カオスバッテリー

端子がこっち向きで撮ったんでバッテリーが逆さまですが、カオスバッテリーには製造年月日が記載されてます。

顔図バッテリーの製造年月日を見る

ここの数字ですが、111217Bとなってますがこれが製造年月日の記載です。

外国のような書き方で11日、12月、17年を意味してます。

日本風に書くと2017年12月11日製造となります。

エブリィは2017年12月にバッテリーを交換してもあまり乗らず、2019年2月以降現在まで放置車になりました。

バッテリーは充放電を繰り返し劣化して行きますが1年3ヶ月ほどエブリィにはこのバッテリーを載せていて乗った回数(1週間に1度程チョイノリ)から考えても程度が良い上がったバッテリーと考えられます。

2020年2月にこのバッテリーを車載状態で見たときはキーをオンにしてもメーターのランプも付かないほど電圧が落ちてました。

バッテリーの復活のさせ方

まず誰でも思いつくのは「充電器で充電すればイイじゃん」って考えると思います。

しかし電圧の落ちすぎたバッテリーは充電器がバッテリーだと判断してくれず充電も出来ません。

上がって直ぐのバッテリーなら10Vとかはあるんで充電器で充電が出来ますが、電圧が落ちすぎたバッテリーは充電できません。

ならば強制的に充電するんです。

以下はパナソニックに直接聞いた話なんで信憑性は抜群にある話になります。

パナソニックの回答

上がったバッテリーで電圧が低すぎる状態でもバッテリーが新しい場合は車にバッテリーを積んで強制的に充電させます。
2時間ほど走りバッテリーを車から降ろし充電器に繋ぎます。
満充電後24時間待って電圧を測り12.5V以上あればそのバッテリーはまだ使える可能性は高いです。

これを今回やってみましょう。

上がったバッテリーの復活作戦

それでは上がったバッテリーの復活大作戦を行います。

上がったバッテリーを積む

ここからは余りお勧めできない方法ですが安全が確保できれば有効な手段です。

普通はバッテリーはエンジンルームにありますので1度バッテリーを下ろして上がったバッテリーを積んでブースターケーブルでエンジンを掛けて走ります。

これはかなり面倒ですね。

トランクや車内にバッテリーがあればブースターケーブルで上がったバッテリーを繋いで走れます。

でもなかなかそんな車も無いし・・・ってありました。

エブリーが車内にバッテリーがある貴重な車です。

それではやってみます。

エブリィの車内で上がったバッテリーをブースターケーブルで繋ぐ

バッテリーの場所はエブリィのバックドアを開けてバッテリーのカバーを外し、詳しくは↓のリンクをみて。

上がったバッテリーは車内でブースターケーブルで繋ぎます。

何とも珍しい1台の車に2個のバッテリーを並列に繋いだ車となりました。

スライドドア側からの光景

スライドドア側から見たらこんな光景になります。

実際にはリアシートを起こしリアシートの足下に上がったバッテリーを載せて走ります。

ここからが大切な画像が抜けてますが1時間ほど走ってブースターケーブルを外し車から降ろして計った電圧は11.52Vでした。

ここまで電圧も復活したら充電器も使えますね。

充電器で充電する

充電器で充電する

兄から借りた充電器で充電します。

この充電器は充電電圧を調整でき2A,6A,10A・・・と色々調整できますが、このバッテリーは60B-19Lなんで2Aで充電します。

充電は1日くらいほっとけば出来てます。

充電できたバッテリーは13.5Vとかになってますが電圧は徐々に降下します。

数日間の経過観察

満充電後翌日の電圧13.04V、復活完了

充電終了時は13.5V以上あった電圧が次の日は13V位になってます。

この画像は充電終了後3日ほど経ってますが13.04Vあるんでこのバッテリーは復活したと言ってもイイでしょう。

パナソニックが言ったように次の日に12.5V以下ならそのバッテリーは完全に死んでるんで廃棄しましょう。

まとめ

今回は上がったバッテリーを復活させました。

しかし5年とか使って上がったバッテリーに有効なのかは分かりません。

あくまで新しめのバッテリーが上がって完全放電に近くなったバッテリーの復活のさせ方です。

バッテリーも資源なんでゴミを出さないためにも大事に長く使いたいですもんね。

これを見て1人でも多くの人が1個でも多くのバッテリーが復活されられることを祈ってます。

ではでは・・・

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。