インカムSB5Xの使い方!

スポンサーリンク
FLTR カスタム
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

今回はインカムB+COMのSB5Xなんですが他の方のインカムと繋ぐとダメなポイントが見えてきました。

その辺りも詳しく説明してますし最新インカム関係の記事になるんで特にSB5X使ってる人や今から買う人は参考にして下さい。

画像は少ないですので頭で思い浮かべて下さい。

それではご覧下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

B+COM SB5X注意点

さて私のインカムはB+COMのSB5Xなんですが、いきなり結論!最新ですが万能とか最高では無いです。

これはB+COM作ってるサインハウスに聞いた話ですが、基本パワーバランスって話がやたら出てきたんです。

私の体験談ですが、友人にB+COMステーション使ってる人がいて、みんなのインカムをペアリングしたんですがSB5Xとは止まってる時しか話せません!!

ステーションは213EVO世代なんで213EVOとしかまともに話せません。

これは5Xと213EVO世代の機械はパワーバランスでこうなるらしいです。

又聞きですが4Xと5Xとでもあまり距離が出ないらしい・・・

と言うことは5X同士しか書いてある距離とかは出んみたいです。

まったくガッカリですね。

私は聞きトークが付いてるんでSB5Xにしたんですが、もっとほかのメーカーの方が良かったかもですね。

しかし買ってしまったものは仕方ないので使い方考えます。

インカムではナビ音声、スマホの音楽を聴く予定です。

B+COMオーディオミクスチャーとトランスミッターで飛ばす

そのためにB+COMのオーディオミクスチャー(3chまでミックス出来る)で音源をまとめトランスミッターで飛ばしたいと思います。

image

ブルートゥースのB+COMのオーディオトランスミッターでインカムに飛ばします。

オーディオミクスチャーの線の処理

image

ミクスチャーの線はバイクの左のボックス内に出して、こいつにトランスミッター繋ぎます。

とここまでカウルばらしてやったんですが

接続成功だが他で失敗

image

組んでみたらフューエルゲージがLED付いて無いし!!

面倒なんでこのままで諦めました。(だって寒いもん!)

まとめ

最後にSB5Xですが音はなかなか良いと思います。

もっと検証せなアカン事はたくさんありますが、とりあえず他の方の機器(213EVO)等と繋ぐときは注意が必要ですね。

ここは日本海側、もう寒いのと塩カルだらけで走ればサビサビになります。

春になれば4Xとホンマに距離が出ないのか友人とやってみて検証結果書きますね。

ではでは・・・

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。