ワゴンR(MH23S)プラグ交換!

スポンサーリンク
スティングレー メンテナンス
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

今回はワゴンRスティングレー(MH23S)のプラグ交換を行いました。

交換手順も詳しく紹介してるんでご覧下さい。

又、車検の代車のパレットもインプレしてます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

車検の代車のパレットの感想

パレットは同じスズキですが私のワゴンRとはミッションが違い何だか全然乗った感じが違います。

副変速機付きCVTで出だしは回転上がりもよくて巡航時には回転は低めで燃費が良さそう。

実際たかが40キロ程ですが平均燃費計で計ったら19.5キロ!

車検から帰ってきたワゴンRは同じ道走っても18キロ弱!

パレットは1割ほど燃費は良さそうです。

車重が重いパレットでもこんだけ良いんだからワゴンRなら20キロは行きそうですね。

燃費マニアとしては少々ガッカリしたんですが、5万キロ以上走ってるし仕方ないかな?

MH23SワゴンRスティングレーのプラグ交換

そのワゴンRも今日はプラグを交換しました。

純正プラグは大体2万キロが寿命のはずなんで5万キロ走ってるし効果はどうかな??

CIMG3800

デンソーのイリジウムタフ付けてみました。

以前乗ってたのワゴンR(MC22S)も同じプラグ付けてましたが、MH23Sになって品番がVXU22からVXUH22に変更になってました。

たぶんネジ部分が長くなってるんかな?

MH23SワゴンRスティングレーのプラグ交換手順

CIMG3801

ここから取り付け編ですが、エアクリを10ミリネジ2本とキャブからのホース外しエレメント部分は普通に外しておきます。

CIMG3802

エアクリ外した状態ですが、ヘッドカバーはプラ製でブリザーパイプはヘッドカバーから直でエアクリカバーに入るようになってます。

この造りならエアクリ本体はオイルで汚れ難いですね。

CIMG3805

ダイレクトイグニッションを10ミリボルト外し1本ずつプラグ変えて行きます。

プラグの焼き付き防止のグリスを塗ります。

CIMG3804

プラグにはカジリ防止とネジ山の固着を防ぐ意味でねじ山にアンチシーズと接点部分は接点グリス塗って組み付けます。

5万キロ走ったプラグはこれです。

CIMG3806

これが今まで付いてたプラグですが5万キロもご苦労であった!

あまる減ってないように見えるのは私だけなのか??

この後同じ作業を3本やってエアクリ組んで完了です!

52810キロでプラグ交換しました(備忘録)

CIMG3809

52810キロで交換しました。

プラグ交換後の感想は

走ってみた感想は・・・

予想通りわからん・・・

でもこれで10万キロは大丈夫なはず

次回15万キロで又変えてみよう!

まとめ

ココまで掛かった時間は30分以内の作業でした。

あまりにヒマなんでやってみましたが

ちなみに純正プラグは20000キロとかの寿命の奴が多いみたいです。

次回はロードグライドのオイル交換でもしようかな?

ではでは・・・

コメント

  1. M-RACINGFAN より:

    初めまして、M-RACINGFANというサイトをやっています。ワゴンRのエアロのリンク集を作りましたのでよろしければご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。