昨日付けたロワーフェアリングを微調整

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

今回は先日取り付けたウルトラ用のロワーフェアリングの取り付けの調整を行いました。

やっぱウルトラ用なんでロードグライドに付けるには無理があるのかクリアランスの微調整が必要です。

その辺も詳しく書きましたのでご覧下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロワーフェアリングの再調整

昨日取り付けたパーツですが、昨日は時間が無いのとカギもって行くの忘れててクリアランスが判らなかったので今日改めて再調整しました。

ハンドルロックを鍵を使って解除してからハンドルをまっすぐにします。

カウルステーを微調整してFフォークとの隙間を調整します。

今度はロワーフェアリングとフレームとの隙間をチェックします。

その後ロワーフェアリングの下の取付ネジ緩めます。

エンジンガードに取り付け部のステーが巻いてありますが滑りが悪くシリコンスプレー吹いて動きを良くしてから微調整して完了!

画像で見るクリアランス

↑左側のフレームとの隙間はこんな感じです。

↑右側はこんな感じです。

何となく組んでたらフレームとロワーフェアリング当たってましたので
約1cm隙間が出来るぐらいに調整しました。

その後さすが中古品ですのでロワーの内側の部分をプレクサスで綺麗にして終了!

これで週末乗れるようになりました。

あとは天気次第か?

話は変わって

人のブログ読んでたら字をクリックしたらそのリンクに飛ぶ機能ですが
今まで判らなかったので今日は勉強しておきました。

ではでは・・・

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。