古い固形ワックスの再生法!

スポンサーリンク
スティングレー メンテナンス
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

今回はひび割れした古い固形ワックスを用意して、ひび無の新品のようにワックスを作り直しをしてみました。

簡単に新品のようになるんで皆さんもやってみて下さい。

詳しく紹介してますのでご覧下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

古いワックスの再生法

何となく夕方から本読んでてワックスの事が書いてあり試してみました。

それは古いワックスの再生法です。

私もケミカル好きで今でもですが昔から色んな物買ってました。

最後まで使った物はほとんど無くほったらかしでした。

カルナバロウとかのワックスで中身がひび割れてボロボロになった物を再生します。

今日はシュアラスターインペリアルブライトマスター(2缶もあった!)を使います。

鍋を用意して温める

CIMG1483

使わない鍋を用意して少量のお湯に缶ごと漬けて溶かしたらこんな茶褐色になります。

冷ます工程

CIMG1485

今度は冷ましますが固まってきました。

ひび割れ無の新品のようなワックスになった

CIMG1484
白っぽくなって完全に固まりました。

これでまた使う気がしてきましたが、たぶんちょっと使ってお蔵入りでしょう!

物置で埃かぶってるワックスあればお試しあれ!

ちょっとした暇つぶしでした。

ではでは・・・

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。