プロスーパーチューナー初期設定完了!なのか?

スポンサーリンク
FLTR ECU
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

今回は08モデルロードグライドにバンス&ハインズ燃調コントローラーフューエルパックから、ハーレー純正のプロスーパーチューナーに変更してインストールから車両への書き込みまでやってみました。

結構専用用語があり難しいですが、何とかなります。

最後にハプニングが起きましたが詳しく紹介してるんでご覧下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バンスのフューエルパックを外す

P1000797

まずバンスのフューエルパックを外します。

BlogPaint

こんな感じでECUと車両の間にフューエルパックのカプラーが挟んで取り付けられてますが、ここを外します。

車両とPCをケーブルで繋ぐ

その後パソコンと車両を繋ぎますが、ここから気が動顚してて画像がありません。

こんな人もいるとは思いますがブログに詳しくUPされてる方を尊敬します。

VCIをこの車両用に設定後VCIもアップデート

車両に繋いで通信させてロードグライドのECUを覚えこませます。

色々触りながらVCI(黒い箱)のUPデートします。

車両に合うマップを捜し書き換え

その後ロードグライドのスペックに合う仕様を選んで何とかインストール完了!

当然通信中はイグニッションONなんでライトが点いててバッテリー食います。

ドキドキしながらエンジン始動

インストール完了後エンジン始動したらアイドリングが1000回転のまんま!

アドバンスモードでアイドリングも800回転に下げる

今度はより詳しく触れる設定でアイドリングも800回転に下げてECU書き換え!

ここでイグニッションoffでケーブル外してエンジン始動!

クッ、っとセルが音させてバッテリーが上がって万事休す!

後日談

バッテリーが上がったと思ったらバッテリーの端子が緩んでセルが回らなかった!

考察

今考えたらエンジン掛けたままでも出来たんだろうか??と思いましたが後の祭り!

一応初期設定とアイドリング800回転になってるはずですが明日試してみます。

しかしこんな事画像まじえて説明出来る人はほんま凄い人です!

でもちょっと判った気がする弄りでした。

最後にバンスのフューエルパックの英語の説明書ですが、空燃比が数字的には載ってませんが理想の位置になるみたいな説明(たぶん)で見直しましたバンス!

もう少し暖かくなったらもうちょっと詳しい人にでも聞いて煮詰めます。

今日はここまで!

ではでは・・・

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。