ハーレー タダでカスタム「タダカス」!

スポンサーリンク
FLTR カスタム
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

今回はタダでカスタムをしたいと思います。

なんでも買って付けるのが普通ですが、世の中には余ってるパーツとか無限にあります。

そんな余ってるパーツを貰ってきて付けたいと思います。

ご覧下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロードキングハンドル考察

久々にハーレーネタです。

以前からロードグライドのハンドルの事をいつも考えてて、グリップの角度が水平に近くもっと絞ったハンドル付けたいなぁ~なんて思ってました。

なので貰って来ました。

P1000166

ロードキング純正ハンドルです。

P1000167

少しくたびれてましたので

P1000168

材質がステンレスなんでホワイトダイヤモンドで磨きます。

P1000169

約5分で綺麗になりました。

このハンドルは友人K君からタダで貰って来ました。

交換は自分でするのでタダのカスタムで「タダカス」です。

ハンドル交換に向けてばらす

ハンドル磨いて付けたイメージ考えてたら

P1000170

バラシ始めてました。

BlogPaint

純正、ホンマはヘリテイジのハンドル位置を水平から記録用に撮って

電制スロットのカプラーがやっぱりカウル外さないと無理で

カウル外す為にはロワーフェアリングも外す必要があり

面倒な気がして今日はここまで

後日続きをします。

電子スロットル用穴

ヘリテイジのハンドルもそうでしたが

ローキンのハンドルも電制スロットの付ける溝や穴が無いのでグラインダーで加工が必要です。

しかし又ハンドル内にグリップヒーターと電制スロットのケーブル通すかと思うと憂鬱ですが

冬のタダカスで自己満足を得ようと思います。

ではでは・・・

コメント

  1. ひゅうが母 より:

    「弁当忘れても傘わすれるな!」て小さい頃 おばあちゃんに教わった事を思い出しました^^

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。