タントカスタムX-LA600Sの内装をチェック!

タント外装2

昨年12月我が家に車が増えました。

娘のタントカスタムXです。

町中に沢山走ってるタントですがどの辺が売れる要素なのか考えて行きましょう。

 

1月11日木曜日、天気は晴れ(寒い)

最近毎日朝は晴れてて午後から曇り夕方から小雪が舞う日が続いてます。

今日も今は晴れてますがそんな感じになるんでしょうか?

本日も先日と同じ話題ですがタントカスタムの内装の紹介です。

Sponsored Links

LA600SタントカスタムX内装

前回、タントカスタムX-LA600Sの外観の気になるところをチェックしましたが、いかかでしたか?今回はタントカスタムX-LA600Sの内装をチェックします。

 

メーター及びエアコン部

まずはメーター及びエアコン部をチェックしましょう。

タントメーター1

タントはセンターメーターですが私のオッティもセンターメーターなんで違和感はありませんが嫌いな人も要ると思います。

 

タントメーター2

エアコン部ですがオートエアコンで液晶部はオレンジに輝きます。

温度調節はダイヤル式くらいで特に書くことはありませんね。

 

メーター内液晶表示

タントメーター3

タコメーター上に液晶表示があり色々機能を表示できます。

表示を変える押す棒が4本もあり下列2本は時刻合わせで上列の2本で表示を変えます。

 

 

タントメーター4

液晶の説明ですが左からPはシフトのポジション、上段時計とオドメーター、下段は平均燃費が出てます。

今は平均燃費が出てますがDISP(ディスプレイ)スイッチを押す度に表示が変わります。

 

 

 

タントメーター5

航続可能距離が出ます。

 

 

タントメーター6

外気温が出ます。

 

 

タントメーター7

平均燃費に変わりました。

 

 

タントメーター8

今度はODO/TRIPの方を押して行きます。

今はトリップAが出てます。

 

 

タントメーター9

トリップBに変わります。

 

 

タントメーター10

エンジン掛けてからのアイドリングストップ時間が出ます。

 

 

タントメーター11

アイドリングストップ時間が出てますがODOってなってるんで買ってからの総時間でしょうか?

 

 

タントメーター12

ILL ON(イルミオン)う~んイマイチ解りません。

 

 

タントメーター13

メーター照明の明るさの調整と思いますが、不明です。

 

 

タントメーター14

オドメーター表示で7536キロ走行してる2年落ちの車です。

この様にメーター内液晶表示に色々表示できますが瞬間燃費計は無いんですね。

 

フロントシート

助手席の機能

タント内装11

助手席シートですがダッシュボードギリギリまでスライドして後席足元が広々します。

現行N-BOXのように後席と運転席のウォークスルーが狙いでしょうか?

 

タント内装12

ヘッドレストを取り助手席を前に倒せばシートバックが物置に出来て役に立ちそうですね。

助手席スライド量は前がダッシュボードに当たるまでスライド可能です。

 

タント内装14

シートバックにはコンビニフックも付いてます。

 

タント内装16

リアシートから助手席肩部分にレバーがあり

 

タント内装15

レバーを持ち上げれば助手席シートが前に倒せます。

 

タント内装13

助手席シートバックの真ん中あたりのレバーを引くと助手席が前にスライド出来ます。

リアシート乗車者からも助手席が移動でき便利ですね。

 

運転席の機能

タント内装10

運転席の肘置きですがパカッと開けれて物が入れれるようになってます。

運転席はあとは特に普通の車と変わりません。

座面の高さ調整機能は付かずリクライニングだけです。

Sponsored Links

リアシートと荷室

リアシートの機能

タント内装20

スライドドア開けて乗り込む感じが解りますか?

室内高があるんで歩いて室内に乗り込み腰を下ろす感じでしょうか?

とにかく足物広々です。

 

タント内装21

足元が写って無かったのでもう1枚追加しました。

 

荷室

タント内装22

リアシート肩口のレバーを引っ張れば背もたれが倒せます。

 

タント内装23

座面下のレバーを上に上げると座面がスライドして前に出来ます。

 

タント内装24

座面横のヒモ?を引っ張ると・・・

 

タント内装25

運転席の下げ方にもよりますが後席足元にリアシートが入り荷室はマックス広くなります。

 

バックドアからの荷室

タント内装26

リアシート普通の荷室の広さですが30~40センチほどの奥行きが取れます。

 

タント内装27

リアシートを前にスライドさせれば20センチほどでしょうか奥行きが広がります。

リアシートをリアシート足元に入れる時には画像のシートレールも足元に入り荷室はフラットな空間になります。

 

まとめ

我が家にやってきた平成27年式LA600SタントカスタムX(2WD)の紹介です。

今回は内装の紹介でメーター内、シート前後と荷室を紹介しました。

室内はとにかく広く便利そうな車になってます。

ではでは・・・

 

Sponsored Links

おすすめ記事(一部広告含む)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA