フリードの浮いたサイドステップの修理とロードグライドのFフォークの長さ比較!

スポンサーリンク
FLTR カスタム
この記事は約2分で読めます。

GB3フリードの浮き気味だった純正サイドステップを自力で修理しました。

その後ロードグライドのフォークをノーマルとローダウンと長さを比べました。

詳しく紹介してますのでご覧下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

GB3フリードのサイドステップ修理

CIMG4811

画像が無いがフリードのサイドステップの修理です。

この部分が割れててグラグラでした。

でも真下からも留まってるんで落ちる事は無いが・・・

作業は(画像無)グルーガン(合ってるか?)を使って補強して行きます。

グルーガンは熱でプラスチック溶かしてドロドロのプラスティックで盛って行きます。

どれぐらい持つかは?ですが綺麗に隙間無く出来ました。

ロードグライドのフォークの長さの違い

ロードグライドのFフォークをばらしてローダウンサスからノーマルサスに変えて長さを比較します。

仮組み状態からなんですぐに出来ました。

CIMG4812

上がノーマルフォークで下がローダウンサス組んだ長さになりこれだけ長さが違います。

CIMG4813
CIMG4814

画像1枚目の方がローダウンサスで画像2枚目がノーマルフォーク長になります。

1.8㎝ほどローダウンサスの方ががインナーチューブが短くなります。

CIMG4815

このアウターチューブ内に組み付けるダンパーチューブが長さに影響し、短い方がローダウン用です。

CIMG4816
CIMG4818

ダンパーチューブも1.8㎝ほど違います。

まとめ

純正ローダウンサスは1インチダウンとなってますが実際は1.8㎝程の違いです。

バネレートもそれほど変わらないし2センチほどローダウンになるはずです。

これで色々自分的には解って来ました。

確実に組める事も解ったしメデタシメデタシです。

明日からは4月です。

私も来月中に一つ歳を取ります。

1年って早いね~

ではでは・・・

コメント

  1. サイトウ@新潟 より:

    はじめまして。
    サイトウ@新潟といいます。
    フロントのローダウンサスペンションについてお伺いしたく、コメントさせていただきます。

    ローダウンサスペンションの乗り心地と申しますか、使用されての感想を御教授いただきたいのです。

    2008年式のFLHTCを所有しており、この度初めてのフロントフォークオイルの交換を検討しております。
    そこで、オイル交換の際に足付きの向上を望みまして、純正オプションのダウンサスペンションの導入を検討することになりました。
    しかし、乗り心地の悪化がどれほどなのかという不安材料がございます。

    現在、私は純正リアダウンサスペンションに、1インチのロワリングキットを装着しております。

    お時間のある時で構いません。
    インプレッションをお聞かせいただけませんでしょうか。

    よろしくお願い致します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。