自作ハーレー用Fフォークコンプレッサー!

スポンサーリンク
DIY
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

今回は私の08モデルロードグライドのFフォークを組む為のFフォークコンプレッサーを貧乏なので自作しました。

でも自分的には十分使えますので満足してます。

詳しく紹介してますのでご覧下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Fフォークコンプレッサー(貧乏仕様)

昨日は下手な絵を披露したんですが、今日は絵を参考?に実物作りました。

CIMG4808

Fフォークコンプレッサーです。

CIMG4810

上の方です。

CIMG4809

下の方はジャッキが付いてます。

使い方

ちょうどフォークがのってますが、トップボルトネジが掛かった所でした。

何事も1人で行う私なんで、手がもう1本あればカメラも撮れますが、余裕なしで載せる所とかは画像無しです。

でももっとやるの怖いかと思ったが意外と安定してて良かった。

縮めて行って外れたりしたら・・・血を見るかどこか壊れますね。

このフォークですが純正ローダウンのサスが入ってるんで、トップボルト取ったらバネがボヨ~ンと出て手では(自分では)付けれんようになってました。

ちょっとどうなってるかバラしかけただけなのに元に戻らんようになって困り事でした。

これ見て作られる方へ改良点を教えます

でもこのフォークコンプレッサーですが私の見て自作される方(居るのか?)の為に書きます。

もう少しボルトとボルトの幅があった方が作業性は良いです。

インナーチューブ回してトップボルトを留めるんですがインナー回す手がネジ山で切れそうでした。

でも幅を出せば上の押さえの鉄のステー部分がバネに負けて曲がるんでステンがエエね。

でもこれってツーリングモデル用の長さしかないんで1mのボルトでは長いフォークは無理ですね。

これで「あれも組める」とか「これも出来る」とか色々ありますが、私的には当分出番なしです。

あと娘が合宿から帰って来ました。

20日から行ってて久々のご対面です。

明日は金曜なんで仕事もボチボチ頑張りましょう!

ではでは・・・

また

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。