Airhead(エアヘッド)簡単インプレ!

スポンサーリンク
FLTR カスタム
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

今回はヘルメット内部にAirHead(エアヘッド)を私のSHOEI J-FORCE3で試してみました。

走ってませんが風のインプレも道具を使いやってみた事も書きましたので気になる方はご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

AirHead(エアヘッド)

こんな暑い日にピッタリなのは

「AirHead」(エアヘッド)です。

FBでは昨日アップしましたが

DSC_0297[1]

これがエアヘッドです。

DSC_0298[1]

こんな感じのシリコンゴムで出来てます。

DSC_0299[1]

表面はイボイボですがシリコンゴムなんで柔らかいです。

ヘルメットに付けてみる

DSC_0300[1]

ヘルメットにはこの様にセットしますが、特に取付とか無く置いてるだけでずれません。

と、昨日はここまでFBでアップしたんですが、今日はこの続きです。

DSC_0305[1]

私のヘルメットはSHOEIのJ-FORCE3です。

走らなくても感じる風をインプレ

DSC_0306[1]

このベンチレーション穴からエアを入れてみます。

DSC_0301[1]

被って嫁さんに撮影してもらいました。

DSC_0303[1]

頭頂部の排気ダクトからもエアが出て来てるのも確認しました。

それではインプレです。

エアヘッド無はエア入れたら前頭部に風を感じて排気ダクトからもエア出てます。

これが純正のエアの流量を確認できました。

今度はエアヘッド入れて試します。

エア入れたらさっきより広範囲で前頭部に風を感じます。

排気ダクトからのエア量も多いです。

まとめ

結論は風通しは格段に良くなりました。

でも走ってる時はこれだけのエアが入って来ないんでここまでの違いが判るかは?です。

被り心地はイボイボも全然感じられないし、でも確実に被りは浅くなってます。

次回は乗ってみて感じた事を書きますね。

以上インプレでした。

ではでは・・・

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。