切れてるフリードのワイパーゴム交換【GB3】

スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

今回はGB3フリードのワイパーのゴムを交換しますが、助手席側のゴムはもう切れて千切れかけてるんで遅すぎる交換となりました。

ワイパーゴムの交換方法も色々ありブレードを付けたままでの交換やブレードを外しての交換方法も詳しく紹介します。

私のように切れかけてからの交換にならないように定期交換しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワイパーゴムの状態

フリードの助手席側のワイパーですが、すでに切れて拭き取りもままならない状態になってます。

フリードは運転席側は大きなワイパーですが、助手席側は小さなワイパーで耐久性も助手席側の方が無いんかな?

助手席側ワイパーを浮かせてみたら「たら~ん」と切れた部分が垂れ下がってます。

まったくもって酷い状態までほっといたもんです。

続いて運転席側のワイパーゴムを見ていきますが、ゴムの拭き取る部分が寝てますがまだ使えそうな状態です。

運転席側は拭き取りが少し悪い程度で問題はなさそうですが、以前交換したのは2019年6月で記事はこちら↓

2年半も交換してなかったんで助手席側も運転席側も両方交換します。

ホンマは1年に1度、遅くても1年半に1度は交換した方が良いと思います。

助手席側ワイパーゴムの取り外し

まずは痛みの激しい助手席側の方からゴムを取り外します。

ワイパーブレード(ゴムの付いてる部分)を取り外してゴムを交換しますが、ワイパーブレードの真ん中辺りに赤で囲った部分(ストッパー)を持ち上げます。

こんな風にパカッと持ち上げます。

持ち上げて出来たスペースにブレード自体を左側にスライドさせます。

これでワイパーアームとブレードが分離されてブレードが外せました。

外した助手席側ブレードですがゴムはまだ切れてませんね。

ワイパーゴムはブレードの出っ張り部分(赤線の形状)にハマってて固定されてます。

ブレードを手で固定してゴムを右側にスライドさせてゴムをブレードから抜き取ります。

は~いこれで助手席側のゴムが外せました!

助手席側ワイパーゴムの取り付け

ここで今回使うワイパーゴムを紹介します。

ワイパーゴムはガラコのヤツを使いますが、フリードは運転席側は650ミリ幅で助手席側は350ミリ幅と左右でワイパーの大きさがかなり違います。

助手席側の外したワイパーゴムが画像下で新品のワイパーゴムが画像上になります。

新品のワイパーゴムにはこの金属の板?棒?ほね?がありませんので外したワイパーゴムから外しておきます。

新しいワイパーゴムへ金属の板をはめ込みます。

ワイパーブレードにワイパーゴムの溝を合わせて入れていきます。

ブレードの出っ張りは助手席側のブレードには4カ所あり画像1番右の出っ張りにはワイパーゴムの窪みを合わせます。

これでブレードにワイパーのゴムが取り付けれたんでブレードを外した逆の手順で組めたら助手席側は完了となります。

運転席側のワイパーゴムの取り外し

今度は運転席側のワイパーゴムを外していきます。

助手席側はこの部分を持ち上げてブレードを外したんですが、運転席側はワイパーを立ててブレードは外さずにワイパーゴムを外して交換します。

ワイパーを立ててワイパーゴムを引っ張れば簡単に外せます。

画像左が外したワイパーゴムで右が新品のワイパーゴムになります。

ブレードの出っ張りがはまる部分も同じです。

助手席側と同じですがワイパーゴムの金属の板を外し新品のワイパーゴムに取り付けます。

ブレードの出っ張りのアップです。

ワイパーゴムの溝はこの出っ張りに通します。

ワイパーゴムの溝にブレードの出っ張りに通していきます。

最後の出っ張りがワイパーゴムの窪みにはめます。

こんな感じに合わせて完了です。

立てたワイパーを寝かして作業はすべて完成になりました。

忘れ無きように記録ですが、今回の作業は天気の関係で令和4年1月4日と1月8日に分けて行いました。

走行距離119839キロでの作業でした。

あらら、オイル交換の時期になってるわ、またしよう。

まとめ

今回はGB3フリードのワイパーゴムを交換しました。

前回は2019年6月なんで2年半も交換してなかったことになりますが、助手席側のワイパーゴムが千切れて拭き取りも悪くなってましたが、さすが嫁さんは何も思わず乗ってたみたいです。

たぶんゴムが全部取れたりしない限りわからんのだろうね。

最近のワイパーゴムは耐久性が上がってるのか?は不明ですが出来れば1年に1度、遅くても1年半に1度は交換した方が良いと思います。

前回同様今回もガラコのワイパーゴムを使用しました。

気を付けるポイントは取り付け自体は普通ですが、このフリード用のワイパーゴムは金属の板?棒?が入ってないんで、取り外したワイパーゴムから金属の板を外して新品のワイパーゴムに取り付けないといけません。

雪の降るこの季節にはしたくない作業でしたがこれで又1年半くらいは快適な視界が確保できました。

皆さんも拭き取りが悪いと感じたら直ぐにワイパーゴムを交換しましょう。

ではでは・・・

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。