20年振りか?GB3フリードのハンドル交換

スポンサーリンク
フリード カスタム
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

今回はフリードのハンドルを交換します。

たぶんハンドル交換作業は20年ぶりくらいのはずです。

純正のウレタンハンドルからRKステップワゴンの革巻きに交換しますが、取り付け方法等詳しく紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

GB3フリードにRKステップワゴンの革巻きステアリング取付

CIMG3653

いきなり完成画像ですがフリードにRKステップワゴン用の革巻きステアリングに替えました。(定価48000円をポチっと12000円当然新品です。)

ハンドル交換のやり方

CIMG3641

まずバッテリーのマイナス端子外しハンドル下のカバー開けてホーンとエアバックカプラー外します。

CIMG3642

次はハンドル横からトルクスT30ボルト外しエアバック外します。

CIMG3643

ホーンボタンごと外れました。

CIMG3644

十字レンチ14ミリで真ん中のボルト外しこれでハンドル取れます。

取るときはナットを少し残した状態でハンドルを手前に引っ張ります。

結構ハンドルを揺らすように引っ張って取りますが、フリードはすんなり取れました。

純正ウレタンハンドル

CIMG3645

ハンドル取れたらこうなってます。

CIMG3646

付いてたハンドルですがウレタンです。

この後色々ウレタンハンドルからパーツ外して行きますが忙しくて画像は無!

ハンドルの各サイズを測ります。

CIMG3647
CIMG3648

これがウレタンハンドルの握りのサイズです。

CIMG3650
CIMG3651

こっちが革巻きのサイズですが殆ど変り無です。

純正ウレタンハンドルから革巻きハンドルにパーツを移植します。

CIMG3649

革巻きにこの後裏のカバーや配線やスイッチ移植していきますが、忙しくて画像は無です。

CIMG3652

付きましたがハンドルから出てるエアバックとホーンの配線の出る所間違えましたので確認が必要です。

昔はハンドル替えるの当たり前だったんですがエアバック付いてから初めて替えました。

まとめ

20年振りぐらいにハンドル交換したが簡単で良かったです。(30分コース)

特殊工具もトルクスぐらいなんでラチェットのソケットなら数百円でT30買えます。

私、ハーレー乗りなんでソケットでもL型でもドライバー型でもインチでもミリでも何でも持ってますんで問題無しでした。

乗ってみた感想はパネルの色が変って新鮮な感じがしたが5分で慣れた・・・

握った感じは流石本革!でもなんだが5分で慣れた・・・

あとは嫁さんに感想聞いても「滑るし~」とか言われそう・・・

今夜は正月以来の同窓会!

こんなしょっちゅうしたらありがたみ無くなりますが、前回とはメンバーも違うみたいだし楽しみです。

おっと、ヒマワリに水やってこ~や

ではでは・・・

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。