ドリンクホルダー照明を自作する【MH34S】

スポンサーリンク
MH34Sカスタム
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

今回はワゴンRスティングレーのドリンクホルダーが暗かったので照明を作ってみました。

簡単に言えばピラーの内張にLEDを仕込んでみたんですが、まだワゴンRを売る可能性がある方にはお勧めできませんが私のように乗り潰しの方にはお勧めのカスタムです。

夜の雰囲気がアップしておしゃれになります。

詳しく紹介してるんでご覧下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワゴンR【MH34S】のドリンクホルダーの位置

MH34SワゴンRスティングレーのドリンクホルダーの位置は助手席側なら画像下側の引っ張って出すタイプが付いてて要らないときはダッシュボード内に押して格納します。

運転席側も同じ機能で同じ位置に付いてます。

画像黄色丸の位置にLEDを仕込んでドリンクホルダーを照らしたいと思います。

黄色丸の中に黒い点がありますがマジックでLED取付ける場所に印を入れた跡です。

ピラー部分をバラす

ドアに接するゴムモールを引っ張って外します。

ピラー内張内に這わせてたドラレコ系の配線が見えます。

ピラーの内張は引っ張れば固いですが外れます。

ピラーの内張の下側でダッシュボードに隠れる部分は下向きに刺さってる2カ所と1番先っぽが前向きに刺さってるんで、この形状を覚えてて上に抜きながら手前に引っ張るように外します。

これでピラーの内張も外れました。

この際ダラーンとしてる配線もビニールテープ等使い束ねておきます。

ピラーの内張の加工

家に持って入り内張に穴を開けます。

ピンバイスの1.6ミリくらいを用意しました。

マジックで印をした部分にこんな角度で穴を開けます。

一瞬で内張の内側へも貫通しました。

穴を広げるように2ミリのドリルも使います。

これはインパクトドライバー用ですがこのまま手で持って開けれます。

最後にバリをカッター等使い綺麗にしますがなかなか綺麗にならない例ですね。

これで穴を開けれましたが、基本左右のピラーに同じ加工をします。

LEDを取付ける

今回埋め込むLEDは砲弾型の12Vでブルーに光るヤツで10年以上前に買ってた物を利用します。

ブルーの線がプラスで白い線がマイナスになってます。

ピラーの内張にこんな角度で取付けたいと思います。

ピラーは外す事があるんで簡単に外せるように端子を付けます。

電源から引っ張ってくる配線も同じように端子を取付けます。

こんなグルーガンを用意します。

これはプラスチックの棒を溶かしてドロドロにして先っぽから出し、そのドロドロで物を固定します。

あらら、ピンボケですが先っぽからドロドロが出てきてます。

自分の好きな角度でLEDを固定してグルーガンで固定します。

ピラーの内張を組んで配線をする

LEDも固定できピラーを組みます。

ピラー外すときに画像ありませんでしたが黄色丸の部分はピラー(ボディ)に刺さってます。

ピラーの内張はこの下側から組みますが形状をよく見て組みましょう。

まずは先っぽを差し込んで下側も差し込みます。

ピラーの内張の下側を完全に組む前に配線をこの位置から入れます。

グローブボックスの辺りに下ろしますが、いきなりこの位置に下りてきてくれないんで手を突っ込み配線を探す作業が入ります。

ピラーの内張もドンドン手で叩いて穴を合わせ固定できました。

電源の位置を探すのに邪魔なんでグローブボックスを外します。

スズキ車はグローブボックス奥側を内側に押さえて(黄色丸の方向)外します。

エーモンの検電テスターでイルミネーション電源を探します。

LEDはライトが点いたときだけ光らせたいんでイルミ配線を探します。

グローブボックス奥側でライト点けて配線探すがなかなかありません。

常時光らせたい方はアクセサリーから取れば光らせますよ。

結局ナビの配線から取りたいと思います。

ナビはエアコン吹き出し口下側のメクラ蓋を引っ張り外せばネジが見えます。

左右ともネジを外します。

エアコン吹き出し口もろとも手前に引っ張ればナビが外せます。

ハザードの配線が1番短いんで先にカプラーを抜きます。

ナビが手前に抜けました。

この時シフトレバーやらエアコンパネルを養生しておかないと僕のみたいに傷だらけになりますよ。

ライトオンの時だけ点けるんでイルミ配線を探しますが、このオレンジの配線がイルミ配線みたいでテスターも光って教えてくれてます。

配線コネクター?エレクトロタップ?を使いイルミからの電源も取れました。

もう1本のアースもナビのあたりにボディーアースがあるんで取付けておきましょう。

この後ナビも元に戻して完成です。

実際の光り方

しっかり光ってくれてます。

運転席側もバッチリ光ってます。

夜も乗ってみましたが綺麗だしブルーは目に優しく眩しいとかも無いんで気になりません。

これにて完成です。

まとめ

今回はワゴンR(MH34)にドリンクホルダー照明を作ってみました。

砲弾型LED、ピンバイス、グルーガン、配線作りと色々道具も要りますが作業は簡単なんで乗り潰しを考えてる方は綺麗だしお勧めできます。

まだ車を売ることを考えてる方はやらない方が査定でのマイナスポイントとなってしまう恐れがあるんでお勧めできません。

ではでは・・・

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。