MI-DVR720RC リアカメラ付ドライブレコーダー取付

ドライブレコーダー1

MI-DVR720RC リアカメラ付ドライブレコーダーを取付ました。

安物ですがリアカメラ付き!

画質もどうなのか?

やってみます。

今回はH91Wオッティに取付してみましょう。

Sponsored Links

リアカメラ取付&配線処理

ドライブレコーダー2

リアカメラを貼り付けます。

今回はガラス上部のハイマウント横くらいの位置にしました。

 

 

ドライブレコーダー4

天井の内貼り内部に配線を隠しながら進めます。

 

 

ドライブレコーダー3

リアのピラーの内貼り上部に配線をはわせます。

 

 

ドライブレコーダー5

FドアとRドアの中心のピラーも内貼りも剥がさずはわせます。

 

 

ドライブレコーダー7

前のピラーの所だけは内貼りを少し浮かしてFガラス上部に配線をはわせます。

 

 

F用カメラ本体の取付

ドライブレコーダー6

ミラー裏の部分に本体を貼り付けリアからの配線を繋ぎ本体からの電源コードも天井内貼り内にはわせます。

 

 

ドライブレコーダー8

少し内貼り浮いてる場所もありますがピラーも元通り組みます。

電源はこの前付けた(直した)シガーライターから取ります。

Sponsored Links

試運転して動画を確認

本体にはマイクロSDカード32GB(別売)入れてます。

動画は1分、2分、3分と3種類から選びますが3分にします。

画像忘れましたが本体撮影中は画面には右上に子画面でリア画像も映ってます。

ちょっとだけ走りSDカードを抜き画像を確認。

あれ?リア画像が反転してます。

ネットで色々調べるとやり方がありようです。

 

 

 

リア画像の反転映像を直す

ドライブレコーダー9

リアカメラからの配線の延長コードに繋ぐ所に白いコードがあります。

 

 

ドライブレコーダー10

このコードを切断して内貼り内に配線を入れます。

これでリアの反転画像は普通の画像になるようです。

 

 

カメラ画像(youtube)

雨降りですがフロントカメラ画像です。

なかなか綺麗に撮れてると思います。

 

 

リアカメラ画像です。

同じく雨降りですがFカメラと比べて画像は荒いですが何が起こったくらいは解りそうです。

映像の大きさはFカメラが3分で300MBくらいでリアは3分で150MB位の大きさになります。

両方合わせて3分で500MB弱で32GBのカードで3時間ほどが撮れそうです。

カードが一杯になれば古いデータから消えて上書きしていくみたいです。

カード内のデータはフォルダAとBに分かれててAがフロント画像、Bがリア画像になってます。

安物なんであかんかな?なんて思って取り付けましたが意外と使えそうです。

走行中当てられたとか当たったとかのショックがあれば上書きされないファイルとして残ります。

 

 

 

まとめ

今回MI-DVR720RC リアカメラ付ドライブレコーダーを取付してみました。

配線も簡単にしたんでもう少し綺麗にしたらよかったかな?

ちなみに取付は20分くらいでした。

リア画像は白い配線を切らないと反転したままです。

安いしフリードにも付けようかな?

あとは耐久性だな

ではでは・・・

 

Sponsored Links

おすすめ記事(一部広告含む)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA