フリード【GB3】のLEDフォグの球切で交換

スポンサーリンク
フリード カスタム
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

今回はGB3フリードのLEDフォグの球切れで交換しました。

約3年前に取付けたLEDフォグですが耐久性はこんなもんなんでしょうか?

途中でも1度片側が球切れで交換してますので耐久性にモヤモヤします。

交換方法等詳しく紹介してるんでご覧下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フリードのフォグの外し方

右のフォグ(画像では左側)の球切れです。

約3年前に今回切れたLEDフォグに交換しました。↓

途中今回と同じく片側が球切れして交換↓

う~~~ん、耐久性はあるとは言えんLEDフォグですが、フリードはフォグの球の交換は簡単なんでサクッと交換しましょう。

フリードはフォグにバンパー形状に合わせたカバーが付いてるので先にカバー部分を外します。

フォグの内側から2本プラスボルトで留ってるんで外します。

フォグのカバーには穴が3つ開いててドライバーを突っ込んでる所にプラスボルトがあるんで外します。

こんな風にカバーが取れます。

カバーが外れたフォグは内側に2本外側に1本プラスボルトで留ってるんで外します。

ネジが外れたら画像手前に引っ張り出しフォグのカプラーを外します。

LEDバルブは反時計回りに少し廻せばバルブは取れます。

これでカバー、フォグ、LED球と全て外せたんで新しいLED球に交換しましょう。

新しいLEDフォグ球を組む

今回組むLED球ですが、今回切れたLED球はファンレスだったのでより冷えるようにファン付きにしました。

フォグ球はH7とかH8とかH11とかありますが全て共通で取り付け出来るようです。

それでは耐久性があることを祈りながら取付けします。

LEDバルブは切り欠きの形状で合う位置があるんで合せて入れて時計回りに少し廻して固定します。

今回ファン付きなんで空気取り入れ口があります。

カプラーを繋いで試験点灯です。

必ず組む前に試験点灯しましょうね。

フォグを固定してカバーも付けて点灯してみました。

画像左が今回のLEDで右は今までのLEDです。

明るさとかは分かりませんがイエローからホワイトになってイメチェン出来ますね。

もう片側もサクッと交換して左右色が揃いました。

これで取り付けは完了ですが、耐久性が気になりますね。

せめて3年以上は使えることを願います。

まとめ

今回は嫁号のフリードのフォグのLEDが片側切れて交換しました。

3年前に取付けて今年の初め片側切れて予備のLEDバルブがあったので交換して乗ってました。

今回は予備のバルブもないので交換となりました。

交換作業はフリードはバンパーも外すこと無く交換できるんで意外と簡単です。

これで又3年以上は使えたら良いんですが・・・

ではでは・・・

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。