SLUBワイヤレスヘッドセット買ってみた

スポンサーリンク
スマホ
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

今回は令和元年12月から法律が変わり運転中のスマホ通話やスマホやナビの注視の罰則が厳しくなるとの噂を聞き、SLUB製のワイヤレスヘッドセットを買いました。

初めてのヘッドセットなんで比較は出来ませんが、この製品の使い方や使ってみての感想等詳しく紹介します。

ご覧下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SLUB ワイヤレスヘッドセット

箱の外観

SLUBヘッドセット箱の表面は外人さんの装着画像です。

箱の表面ですが、耳に掛けて付けるタイプのヘッドセットになることが画像で分かりますね。

尚、SLUBってメーカーだと思うんですが、この商品の品番等は何処にも書いてない。

舶来の怪しいメーカーなんでしょうか??

SLUB箱の裏面、各種説明が掛かれてます。

裏面は色々説明がありまして上部に音量ボタンが2個と下側に電源スイッチがあり、耳に挿す部分が機能ボタンになるみたいですね。

あとBluetoothの規格は4.2で待ち受け時間は170時間と長いのね。

充電時間は2時間って短いのかな?

通信距離は10メートルと十分な距離がありそうです。

箱の横面はこの商品のメリットが掛かれてます。

側面は耳に挿す部分は180度回転して左右耳に対応してるみたいですね。

先ほども触れましたが長時間待機出来てクリアな音質みたいです。

音質は大事な部分なんで後から試してインプレします。

開封

開封すればスポンジにしっかり固定された本体が現れます。

箱を開けたらスポンジに固定?された状態で現れました!

本体を手で持ってみた画像で大きさが分かります。

大きさが分かるかな?

当然耳の大きさと合わせて作られてます。

手で持った耳に刺さる側の画像です。

耳に挿す側ですが開封時は左耳用になってます。

付属品は充電用マイクロUSBケーブルとイヤーピースの予備2個です。

箱には取説と短い(15センチほど)マイクロUSBケーブルとイヤーピースが付属の予備と大きめで2個入ってました。

取説は字が小さい

取説は字が小さすぎて老眼の私には辛い取説です。

取説裏面も字が小さい

取説裏面にペアリング方法等書かれてますが、字が小さすぎです!!

こんな時は・・・

ハズキルーペで事なきを得ました。

本体を詳しく見る

ボタン配置

本体のボタン配置の画像でボリュームコントロールボタンです。

本体上部にはボタンが2個あり上側が音量アップで下側が音量ダウンです。

本体の充電ポートにはカバーが付いてます。

本体下側には下からマイクロUSBポートにゴム製のカバーがあり、その上には電源スイッチがあります。

電源スイッチは下から上に上げたら電源がオンになります。

充電の仕方

充電はカバーを外し

本体下部のカバーを爪で引っかけて開けたらマイクロUSBの端子が見えます。

マイクロUSBを挿すとランプが赤に点灯して完了すると青に光ります。

マイクロUSBの線を挿して充電します。

充電中は赤く光り充電が完了したら青に光ってくれて充電完了が分かります。

ここで欠点発見!!

充電カバーは簡単に開きますが、カバーが少ししか浮いてくれずマイクロUSBを挿すのがカバーが邪魔になって挿しにくいです。

もう少しカバーが大きく浮いてくれれば挿しやすいんだが。

毎日では無いかもしれませんが充電は週に何度もする事なんで毎回充電時には苦労しそうです。

ここは大きな欠点で改善してほしいな。

実際に使ってみる

iphone7とペアリング&音声案内

ペアリング画面ですが非常に簡単です。F600と画面に出ればペアリング完了です。

では実際に自分のiphone7とペアリングしてみます。

iphone7のブルートゥースをオンにしてヘッドセットの電源を入れます。

数秒後ヘッドセットのランプが赤と青の点滅に変わり一瞬でペアリング完了になります。

1度ペアリングが完了するとiphone7のブルートゥースがオンになっていればヘッドセットの電源入れたら直ぐ勝手ににiphone7と繋がってくれます。

又、このヘッドセットは耳に付けてれば音声で色々教えてくれます。

電源入れたら 「電源が入りました」 と聞こえて、その後 「ペアリングが成功しました」 と教えてくれます。

その他の音声案内は取説によりますと、電池が無くなってきた時、10メーターの範囲を超えた時に教えてくれるようです。

装着感

実際に耳に装着した画像です。

自分の耳で感じたことですが、装着感は良くて耳も痛くなりません。

しかしイヤーピース(ゴム製)と耳の穴の間に少し隙間が出来ます。

もう少し耳に挿さっていた方が良いと思いますが、耳に引っかけるタイプなんで落下等も無さそうです。

難点なのかなぁ~、耳にあまり挿した感じが無いんで挿すように押し込もうとすると画像の電話マークの部分を押してしまいiphone7に入ってる音楽が流れてきます。

あまり挿した感は無いが気にしないようにします。

少し隙間が出来るんで外の音も聞こえやすいかな!

嫁さんにも耳に装着して貰いましたが、女性の耳の大きさ(色々あるが)なら耳の穴に挿さった感じになるようで小さい耳の方用かもしれませんね。

音はどうなのか

音的には良いと思います。

電話に出るときは、相手から掛かってきたときは耳のボタン押せば掛かれます。

自分から掛けるときはiphone7を操作して掛けますが画面にiphone7でそのまま掛けるのかF600で通話するのか選べる画面になります。

普段ペアリング中は(最初から)F600で話せるようにセットされてます。

通話品質は相手の声は普通に聞こえますし、相手に自分の声は少しこもって聞こえるみたいです。

言い換えれば今頃のスマホはHD品質でクリアに相手の声も聞こえますが、一昔前のスマホは相手の声もこもって聞こえたような気がしますが、そんな感じですかね。

尚、このヘッドセットにはノイズキャンセラーとか何処にも書いてないです。

防水テスト!

別に防水のテストしたいわけでは無かったが、カバンを首から掛けていてカバンを首から抜こうとしたらヘッドセットに引っかかり道路の水たまりに落下!

完全に水没して「終わった!」って思ったが何ともなく使えてます。

このヘッドセットは防水になっており多少の雨なら平気みたいです。

まとめ

令和元年12月の法改正で走行中のスマホ操作や注視(ナビも)が厳罰化されるんでブルートゥースヘッドセットを購入しました。

メーカーはSLUBで品番無し?のヘッドセットです。

防水で耳から外れにくいタイプを選んでみました。

音的には相手の声も聞こえやすく良い商品だとは思いますが、ノイズキャンセラーとか何も書いてないヘッドセットなんですが良い(高い)ヘッドセット使ったこと無いんで分かりません。

買ってから知りましたがこの商品は改良版?新型?が出ておりブルートゥースも4.2から5.0になって丸くスタイリッシュになってます。

そっち買えば良かったよ~!

ではでは・・・

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。