猛暑(気温36度)の中オッティのオイル交換

Sponsored Links

2018.08.05オッティオイル交換10

8月に入りましたが猛暑が続いてます。

気温36度の中オッティのオイル交換を行いました。

今回は特に詳しく紹介してますのでご覧ください。

Sponsored Links

オッティのオイル交換の準備

段取り良く作業するためにも最初に要る物を用意します。

2018.08.05オッティオイル交換1

オイルジョッキは3Lの物でジョーゴはペットボトルで作った物です。

オイルはオッティはカストロールのGTX DC-TURBOを使ってます。

フリードは良いオイルを入れてますがオッティはコメリで4L1280円買ったやつです。

上抜きするんでオイルチェンジャーもあります。

下抜きをする方はドレンボルトのサイズのメガネレンチとオイル受ける容器が必要になります。

ウエスは着なくなった服(綿の服)でもOKです。

オイルを抜く

2018.08.05オッティオイル交換2

何はともあれボンネットを開けないと作業も出来ません。

オッティの場合は運転席足元の画像で指を掛けてる位置にボンネットを開けるレバーあり手前に引っ張ればボンネットのロックが解除されます。

2018.08.05オッティオイル交換3

ボンネットが開きました!

2018.08.05オッティオイル交換4

今回も上抜きでオイル抜くんでオイルレベルゲージを引っ張って抜きます。

2018.08.05オッティオイル交換5

オイルレベルゲージの穴にオイルチェンジャーのホースを入れます。

ホースが途中で少し引っかかる場合がありますがシッカリ奥まで差し込みます。

2018.08.05オッティオイル交換6

オイルチェンジャーの上部分のポンプ(注射器みたいな部分)を何度か引っ張ればチェンジャータンク内が真空になってオイルがタンクに溜まりだします。

このオイルは10w-30なんで今頃の0w-20とかに比べると固くて抜くのに時間も掛かります。

次回は測ってみましょうかね。

オイルを入れる

2018.08.05オッティオイル交換7

オイルもシッカリ抜けたんで今度はオイルをエンジン内に入れます。

オイルフィラーキャップを緩めて外します。

2018.08.05オッティオイル交換8

オッティはオイル交換時は3Lオイルを入れます。

このジョッキは3L入りますが満タンに入れるとこぼれ易くなるんで先に2L入れます。

2018.08.05オッティオイル交換10

ペットボトルジョーゴでこぼれないように2L入れて

2018.08.05オッティオイル交換9

2回目は1L入れて、先ほど入れた2Lと足して合計3L入れます。

2018.08.05オッティオイル交換11

残りの1Lを入れたら忘れずにオイルフィラーカップを締めます。

2018.08.05オッティオイル交換12

オイルレベルゲージでオイルの量も確認します。

規定量入れてるんで見なくても大丈夫ですが一応確認します。

後片付けが出来たらこれにてオイル交換作業は終了です。

まとめ

今回オッティのオイル交換作業をしました。

前回は2018年3月25日に102661キロでオイル交換をしました。

2018.08.05オッティオイル交換13

オイル交換をしてて気づきませんでしたがちょうど前回から5000キロでオイル交換となりました。

5000キロごとにしてますが5000キロちょうどでやったのは初めてかも!

しっかり道具を先に用意して段取り良くオイル交換をしました。

灼熱の中やりましたが毎日暑すぎて大変ですね。

次回オイル交換は冬の初め頃になるんかな?

次回もシッカリ行いますね。

ではでは・・・

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。